日々の学び研究所

日々の学びの備忘録。僕は無力だ。

2019年8月の自然観察と道北暮らしの手記 2019/08/30金

2019年8月の道北自然観察日記です。

 

過去にまとめたものですが、再編集し公開することにしました。よろしくお願いします。 

2019/08/30金

ウド(独活)

白い幾何学模様の花を咲かせていたウドが、実を結んでいたのでスケッチ。といっても、このウドの実の美しさはスケッチより写真のほうが見栄えがいい。

花が咲いているときは白一色の幾何学模様だったのが、実がつくと白(まだ残っている花)、緑(実がついたところ)、紫(熟しつつある実)、紺(熟した実)、そして茎も緑から赤紫色になるので、色とりどりの模様になって非常に美しい。秋の訪れを感じさせる。

今回観察したのは葉の形からしてたぶんウドだと思うのだが、同じウコギ科には似た花の植物が多い。タラノキとかハリギリとか。ウドは茎に毛があり、葉が裂けていないことで見分けられると思う。

ハンゴンソウ(反魂草)

死んだ魂を引き戻すといわれるハンゴンソウ。その由来は香りとも葉の形とも書かれていてよくわからない。

今や道北も、外来種オオハンゴンソウ(ルドベキア)に席巻されてひどいことになっているが、この無印ハンゴンソウは在来種で山菜としても食べられるらしい。

ハンゴンソウはキオン属で、キオン(黄苑)とよく似ているが、そっちは普通の形の葉っぱなので見分けがつく。

ハンゴンソウは、小さな花が集まって咲くつつましい花に見えるが、外来種オオハンゴンソウやアラゲハンゴンソウは中央部が大きく、かなりインパクトが強い花。少しだけならいいけれど、あまりに増えすぎていて辛い。そろそろ季節は終わりだけど。

エゾトリカブト(蝦夷鳥兜)

サイクリングの道ぞいに見慣れない紫色の花を見つけて、立ち止まって調べてみた。とても複雑な形の花。でも葉っぱをみればわかる。春先に山菜のニリンソウヨモギと区別しないと命にかかわったあの葉っぱ。トリカブトだ。

6月ごろに咲いていた仲間のエゾレイジンソウはもうすっかり散ってしまったので、すっかり存在を忘れていた。エゾトリカブトは時期がずれていて8月から9月ごろに咲くんだった。

トリカブトの名前は、花の形が、雅楽を演奏する伶人の冠の形に似ていることから。つまり仲間のレイジンソウと同じ由来。(ゲーム好きにはとってはリンクの帽子みたいだけど笑)

とんでもない毒性を持っているが、アイヌの人たちはスルクと呼んで、狩りの矢毒として活用するために栽培していた。

現代でも減毒加工して漢方の生薬の附子または炮附子として使われる。虚弱体質に効き、身体を温める効果があるらしい。

わたしも附子がたくさん入った漢方生薬を処方されて飲んでいたころがあって、特に効いた気はしなかったが、個人的に思い出深い植物。


ここのところ、あまり寝起きがよくなく、疲れが抜けない感じがあります。過眠ぎみで起きると身体が痛い。

引っ越してきてからも周期的にこんな時期があり、周期的によくなるのを繰り返しています。たぶん月齢?あたりが関与するリズムがあるんじゃないかなと思っています。

しかし今日はいい天気だったので、片道5.5kmサイクリングして、近くの山の森に登ってきました。道沿いの植物を観察しながらだったので、3時間くらいフィールドワークしていました。

今日描いた植物はどれも道沿いのもので、森の中で観察したのは別にあります。さすがに森の中でスケッチはできなかったので、明日以降、撮った写真を見ながら描いていけたらなと。

近くの森ですが、一応クマがいる可能性のあるところなので緊張しました。ほぼ一本道に整備されているものの、初めてのルートだったので、これで合ってるのかなと不安だったり。

ヘンゼルとグレーテル赤ずきんちゃんで言い伝えられているような森の怖さを垣間見ました。自然と親しむのは楽しいことだけど、危険を意識したり、注意したりする気持ちを忘れたらだめですね。